2007年11月10日

任意ラヂヲ・Triumphal Recordsと俺その3

meiradi_01.bmp

はい、第3回目ということで今回は「苺衣ラジ!」についてお送りしましま!

スタッフはおなじですが苺衣ラジは任意のように同人ではなく、とらのあなが提供していたWebラジオです。

とらのあな発の同人誌総合情報カタログ『虎通』の「それゆけ!メイド探検姫」から生まれたキャラクターが喫茶店Concertoから送るWebラジオという企画です。
本来の趣旨は→メイドさんがエロゲーメーカーや作家さん宅を強襲して、新作ゲームの萌え所や、レアアイテムをゲットしてくる危険なコーナーだったらしい…。虎通は一応いくつかゲットしてるので探せばあると思うんですが、そこまでの気力がないです…おそらく40号あたりに載ってるのかな?
実はラジオと企画は同時進行する予定だったものの、ラジオが遅れに遅れ…ということらしいです。

第1回はTYPE-MOONへの取材、媒体が媒体だけに結構本音トークで金とか過激表現のことにも突っ込んでて興味深いです。

第2回はGROOVERへの取材
しかし内容は真面目でコンセプト決めの話が続きます。サブキャラ充実メーカーだったから?

第3回はALcotへの取材、みりすの傑作、月陽炎のスタッフが作ったメーカーですね。
続く超名作(双子モノといえばこれ!)Clover Heart'sを作ってその実力を証明したときのインタビュー。ビバ自転車操業!

第4回はLittlewitchへの取材、といえば大槍さんですなぁ
白詰からQuartett!をリリースするところのもの。


ということでラジオが遅れに遅れて始まりました。
当時はがっちゅみりみり放送局(これも後で書くか…?)などメーカー・企業のオタ向けのWebラジオが流行った時期で、
とらのあなも恐らく同人誌の番組をやりたかった⇒コンテンツ制作するノウハウ+Web公開して大量に配布するノウハウがない⇒スタッフに話が回ってきた。というところでしょうか。

●ブツ一覧

苺衣ラジ? CD vol.01
苺衣ラジ? CD vol.02
苺衣ラジ?とらのあな10周年記念版
苺衣ラジ! 特別編 コミックとらのあな梅田店開店記念
苺衣ラジ! お詫びCD
苺衣ラジ!コミックアンソロジー
開運☆野望神社 on CD 〜厄落としのエプロン編〜 苺衣ラジ!出張版 仁義なき戦い?!
苺衣毒本(コミケ65)
苺衣ラジ!コミックアンソロジー

nyanko_ren-img600x393-1092744189untitled-1.jpg
notanitooru-img600x450-1194587122dsc02829.jpg
notanitooru-img600x450-1194587109dsc08269.jpg
notanitooru-img600x450-1194587096toranoana_meiraji_owabi_cd_new.jpg

●スタッフ

苺衣 -MEI-(遠野そよぎ(成瀬ゆら))都内某所にあるメイド喫茶の店員。なし崩し的に悪の先兵にされる。基本的にはボケ役だが、一度キれると手に負えない天然娘。職場が職場だけに、やたらとオタ的ネタに詳しい。チビでペタなのは、某イラストレーターの陰謀との噂も

猫山 (仮)
苺衣の相棒で某メイド喫茶のアイドルメス猫。何故か人語を解す。ツッコミ役として似非関西弁をマスターしているらしい。語尾の「にゃ」は故意につけてるふしがある。色々と謎の多き猫である。

咲月 SATSUKI (園田まひる)
苺衣と同じ喫茶店に勤める○学生。苺衣よりも胸があることを
事あるごとに強調し、いつも対立している。冷静なツッコミと情け容赦のない毒舌が身上。
自分の身体的特徴を把握し、それを武器に計算されつくされた行動を取る。例えば『お兄ちゃんっ』『咲月、おこづかいあまりもらってないの…』等、妹属性にはガード不能な攻撃を多用する。

ゲスト
三話 榎津まお(山辺美希)CROSS CHANNEL

企画・制作:苺衣ラジ!製作委員会/Breeze!!
イラスト:おーじ(noantica)
技術協力:ひちさとじゅんわたなべごう
Special Thanks:電波ゆんゆんパラダイス/九重螢(チェキ
提供:株式会社 虎の穴
Rembrandz??

ということで基本データでした。(なげー

・絵

CMが入っていた夏音は絵師のおーじさんつながりでBreeze!の夏音はとらのあなでしか売ってなかったゲームですね。18禁じゃなかったはず。
声優が超豪華で話題でネットでストーリーをDL出来るのがウリでしたね〜一回だけアップデートしてみましたが、すごく遅くてイライラした覚えが…

とらのあな10周年記念版の絵はあかざわREDさんですね。
この人といえばロリしかない!な訳で僕もファンです。

ネタに関しては多すぎで追えないのでこことか苺衣毒本とかを参考にある程度は書いてあります。

任意後ということで個人サイトなどにも注目された 苺衣ラジ!でしたが、年明けの12回目をもって突如終了、打ち切りっぽいドタバタな終わり方であっさり終わってしまったのでした。
同じとらのあなWEBラジオでライバル視してた野望神社は続いています…w

・個人的な感想
やっぱり任意の後ということで注目されていたと思います。しかし、はっきり言って僕の中では任意ほどのインパクトは受けなかった。ネット上での感想を見ても評判がいいとはいえないようです。
それは何故か…

@ネタを盛り込みすぎ
Aこのフォーマットで掛け合いはキツイ

@に関して、特にラジオの場合ネタやギャグは多ければ多いほどいいとは言えません。苺衣ラジ!の場合は比較的ヘビーなネットユーザのオタクならニヤリとさせられるギャグがそこかしこにちりばめられています、
しかし文字だけのニュースサイトなら情報を羅列することは有効ですが、ラジオといった媒体ではギャグ満載は禁物だと思います、
むしろネタを何処に配置するのか?そのディレクションに面白さは関わってくると思います。

Aに関して
どこかで僕も言ったことがありますが、任意の面白さとは「言いっぱなし」です。任意はトークの掛け合いは必要としていない。
そのトークメソッドはむしろネットでの掲示板のやり取り、もしくはIRCのチャットでのしゃべりっぱなし=書き込みに近いのではないでしょうか?
実際うにゅうとさくらはあまりトークのキャッチボールはせず、最終回のさくらが旅立つ場面は掛け合いがあるためにかえって違和感があるぐらいです。
苺衣ラジは猫山のオタクギャグに苺衣が突っ込む、
→咲月の貧乳毒舌に苺衣がリアクションして突っ込む、
といった掛け合いが採用されていますが、もう少し脚本がしっかりしてれば…と思います。

次回はMOETANListeningCD…
といいたいところですがこれ以降はまた今度。
posted by zebra at 05:25 | TrackBack(0) | 気になったこと
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6639239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック